Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< ア、秋 | main | Argyle Tender 2020 >>
GIA Antwerp ?
0

    安倍総理辞任表明による政局も、どうやら菅官房長官が跡目相続しそうで、日本政府の政策は大きく変化することなく継続される様子、何となく『まあ、安堵』という感じでありましょうか。

    ところで、菅義偉と菅直人、

    『すが』と『かん』、読み方が違うだけで同じ漢字、知ってました?

    ウッキーは今日初めて知りまして、ちょっと驚いたのでした。『かんむり』が微妙に違うのだろうと思っておりましたよ。

    『菅首相』と書くと、現時点ではまたクソな野郎が復活してきたみたいで、何かイヤ〜な気分になりますねぇ、

    スイマセン、菅(すが)新首相、、まだ早いか。

     

    それにしましても、政局、特に自民党内の政争と言いますと、かつては年中行事みたいなもんでね、首相が辞任して自民党総裁が変わって新しい首相になって、、というのを毎年のように繰り返しておりましたから、8年近くになった安倍政権の間はそのようなことにウンザリする必要もなかった訳でありますけども、派閥力学の上に擁立され、子分をたくさん抱えている訳でもない菅官房長官が総理大臣ということになれば、またかつての悪夢が繰り返されるのではないかと、そればかりが心配ですね。かと言って、ボンクラの岸田や媚中の石破あたりが政権を握ったらロクなことになるはずはなく、菅官房長官が中継ぎ、中抑えしている間に長期本格政権を担えそうな者が台頭してきてくれることを願うばかり。

     

    こういう時になると思い出すのが、昭和の終わり頃から平成の初期にかけてのキング・メーカーであった金丸信の言葉〜

    『平時の羽田(孜)、乱世の小沢(一郎)、大乱世の梶山(静六)』

     

    羽田と梶山は既に鬼籍入り、残っている小沢と言えば、、、確かに『乱世の小沢』、しかし、乱世に働き場を得るというような人材ではなく、自ら乱世をプロモーションして世渡りしているという全く下らない野郎、こいつが一番先に消えていたら日本の政界はもっと平穏だったに違いありませんな。金丸信は一体、小沢の何を評価していたのでしょうねぇ、完全に見誤っている。穏やかな羽田孜が首相になったのは短期とは言え結構乱世の時だったし、梶山は自ら国のトップに立つという気概が不足していたし、そういう点でも金丸の言葉はあまり的を射ているとは言い難いのですけども、、、金丸が言ったようなことが今の政治家たちに言えるのかどうか?!? 

    曲りなりにも『乱世の〇〇』なんてことが当てはまりそうな人物が存在しているのかどうか、と問われますと、

    全く残念なことに、

    None

    の一言に尽きる〜

    冥界から金丸を引っ張り出してきて、『今度はちゃんと予見しろ!』と迫らないといけませんな。

     

    時は図らずもアメリカ大統領選挙戦の真っただ中と重なり、

    日米の相違を見るにはまたとないチャンスですね。UKI氏は、ほぼ毎日、PCでアメリカのニュース、CNNABCFOXを視聴しております、もちろん英語で!

    ほ〜っと、感心いただきたいところではありますけども、実は英語のお勉強なのですよ、、理解度は約25%ってとこかな、日によっては30%って感じ、全く大したことおまへん、分からない英単語が多くてね、辞書辞書辞書辞書・・・ですよ。でもね、継続は力なり、毎日見ていると、前日の不明点が解決できたりで、それはもう自己満足でしかないのですけども、なにやら充実した気分で〜

     

    最近わかったことなのですけども、

    アメリカのマスメディアの異常さ、

    特にCNNは酷いね、CNNと比較するとNHKのリベラル偏向報道なんて、まるで中学生の放送部ですな。CNNはもうリベラルなんてもんじゃない、ハッキリ言って共産主義メディアでっせ。中国がトランプ政権を非難しているのとあまり変わらないことを言って平気なんですね。そんなCNNに熱烈歓迎支援されているバイデンが、『共産主義者によってアメリカに送り込まれたトロイの木馬だ』とトランプから攻撃されるのは、「まあ、その通りかもな」という感じ。CNNは何とかしてバイデンに勝たせたいのだけども、共産主義者に応援されては逆効果なんじゃないのという気がいたします。

    それにしてもダブルスタンダード、筋の通らぬCNN

    トランプの『トロイの木馬』発言などには、「事実無根、馬鹿げたことを」と言ってるのに、バイデンのトランプ批判、『トランプが貧富の差を助長した』というような発言には、「そうだ、そうだ!」と応じ、

    ことあるごとに『トランプは国を分断しようとしている』なんて非難しているけども、ウッキーが思うに、国を分断しようとしているのはCNN、アンタたちだろうってね、、、

    れいのBlack Lives Matter(以下BLM)の運動の余波と言いますか、余波と言うにはあまりに酷い暴動になってますけども、その暴徒の暴虐行為を鎮圧する警察は一方的になのでしょうか。映像を見ておりますと、BLMの旗の元、実際やってるのは日頃の鬱憤を晴らす破廉恥行為であってね、彼らの多くは高邁な思想を持っている訳ではない、ということが明白。ホント馬鹿な奴らですよ、こんな馬鹿どもは皆ひっくくって檻の中に入れてしまえば良い。治安の維持は治世する者の大事な仕事の一つでありますから。トランプは暴徒に毅然と対応している(ように見える)、、BLMの名を借りた暴動を、ハッキリと『テロ』だと言明して機動隊を増派して鎮圧しようとしております、至極当たり前ですね。CNNはこのトランプの言動を『圧政』だの『暴政』だのと非難する。すると暴動やってる連中ってのはますます増長してくる・・・このCNNの姿勢こそが『国民を分断する行為』でなくてなんなのだろうと思わずにはいられないですね。

     

    翻って我が国、NHKの偏向報道は大いに問題ありだけど、

    それ以上に酷いと言うか、

    ヒドイなんて言葉で到底表現できないレベルの朝日新聞、

    朝日新聞はもう行きつくとこまで行ってしまった観がありますね、

    あれはもう単にCrazy Paperですな、とてもやないけどNews Paper なんていう上品で洗練されたものじゃない、、

    皆さんもご存じかと思いますが、ユーミン(松任谷由実)が安倍総理の辞任会見を見て『切なかった』と発言したことに関して、白井某という朝日の御用を務める学者が、『(ユーミンは)早く死んだ方が良い』と述べたと。

    こういう発言ってね、場末の酒場で酔っ払いが言うことでしょう、いや、酔っ払いでも言わないでしょう、ユーミンでっせ。それが、大学で教鞭取っている者がね、、、堂々と、、ホント狂っている。

    朝日新聞は、な、なんと、こんな狂ってる白井某を使って、『安倍政権の7年半は、日本史上に残る汚点だ』と、紙上で総括している〜

    在任中、G7などの首脳会議では、主要国のトップから頼りにされ、『シンゾーが言うのなら』とトランプやメルケルに言わしめた我が国宰相の、退陣に際して贈る言葉がこれやからね〜・・中国共産党の人民日報だって『中日関係改善に貢献した』と形の上だけでも述べていたのに、朝日新聞っていうのは全くねぇ、中国や韓国以下の存在ですな、もうホント100%日本の敵ですよ。

     

    『メディアは、立法、行政、司法に続く第4の権力である』という見方が定着したのはもう昭和の時代。今は、『世論を動かすメディアが第1権力である』というのが定説でありましょう。CNNや朝日新聞のような、ある者たちの誤った思想によって国民を間違った方向へと誘導する偏向メディアは、ことあるごとに『世論、世論』と連呼いたします。彼らの言う『世論』とは、彼ら自身が信奉するイデオロギーというもの以外の何物ではなく、極めて実体の希薄なものであることは既に看過されているにも関わらず、それでも尚且つ彼らが使い続けているという事実は、彼らの存在自体が非常に危ういものとなっている証左であろうと推測いたします。

     

    西部邁は著書の中で次のように述べている、

    『戦後に言われる世論は、戦前に使われていた「輿論」とは異なるものである。輿(こし)とは本来は荷車の台という意味なのだから、輿論とは社会の土台にいる一般庶民の「コモンセンス(常識)」のことにほかならない。それにたいして世論というのは現在の世間における束の間の「流行」の論のことにとどまる・・・』

     

    「世論」とは所詮、歴史性を失って現在性に圧縮された新しいことは良きことであるとする(CNNや朝日新聞が信奉する)進歩主義の道具でしかない、ということですね。即ち、古き慣習の中に内蔵されている伝統の精神なんかは無視して良いということ。

     

    『しかし、人間を人間たらしめている言語そのものが歴史によって醸成されたものであるからには、進歩主義は大いなる錯誤だ、とみなさざるをえない・・・』

     

    日本とアメリカ、全く異なる風土と文化を持つ両国が、ほぼ同時期に、首相と大統領を選ぶという季節の変わり目とも言える時期を迎えていること、誠に興味深いことですね。そのような中、CNNや朝日新聞のような存在の異常さが浮き彫りにされていることは、日本にもアメリカにもしっかりとした『輿論』があるという証であると、心強く感じることであります。

     

     

     

    海外からのニュースをひとつ。

    久しぶりにAntwerpから、なのですが、明るい話題とは言いかねます・・・

     

    The Gemological Institute of America (GIA) plans to close or heavily scale back its Antwerp operations following a review of its business in the Belgian city.
     

    GIAは、ベルギーでの事業見通しの見直しをし、Antwerp事務所の閉鎖、あるいは大幅な規模の縮小を予定している。

     

    ・・・・we have the intention to close or significantly reduce the GIA laboratory and offices in Antwerp, which will likely result in a reduction in staff.

     

    (世界的なパンデミックの影響に基づいてベルギーでの活動の評価をした結果)Antwerpでのダイヤモンド・グレーディング事業の閉鎖、あるいは規模縮小をせざるを得なくなった。

     

    The decision about the “closure or near-closure” in Antwerp is not final, the GIA noted, and the group is consulting with staff members in Belgium.

     

    しかし、この決定は最終的なものではなく、ベルギーのスタッフと更なる協議中である。

    Around 50 people could lose their jobs if the move goes through, according to Belgian newspaper Het Laatste Nieuws.

     

    もしGIAAntwerp事務所が閉鎖されることになると、約50人が職を失うことになるだろうと、ベルギーの新聞Het Laatste Nieuwsは伝えている。

     

    Belgium’s diamond industry has struggled in recent years amid a shift in manufacturing work to India and a reduction in bank lending to the sector. The coronavirus has intensified the situation: The country’s polished exports for 2020’s second quarter slid 71% year on year to $813.2 million as global demand plummeted and shipping routes shut down. The GIA lab closed for almost two months during the pandemic.
     

    ベルギーのダイヤモンド業界は、ダイヤ研磨の仕事がインドに移されたことや、銀行の融資が減らされたことなどで、毎年のように規模を縮小せざるを得なくなってきていたが、コロナ禍はこの状況をいっそう強めることとなった。ベルギーの2020年第2四半期(4月から6月)の研磨済みダイヤモンドの輸出は、前年比71%もの減少となった。パンデミックの間、GIA事務所は2か月間に渡って閉鎖されていた。』

     

    聞くところによりますと、GIAAntwerpに事務所を開設したのは僅か2年前、2018年。しかも、わざわざDubaiの事務所を閉鎖してまで、それをAntwerpに持ってきたのだと・・・それって、逆じゃないの??

    中東のDubaiこそ新たなダイヤモンドの集積地として注目されるべき都市なのにね。

    UKI氏が現役バイヤーだった時にGIA Antwerp事務所があったらどれだけ便利だっただろうと思いますけども、様々な者たちの思惑が交差して実現できなかったのでありましょうね。もうAntwerpがダイヤモンドの世界で重要な地位でなくなった時だからこそGIAAntwerp事務所開設に何ら障害がなかったということだと思いますが、、誠に皮肉なものですね。

     

    GIA東京事務所はどうなのかな?

    これからもずっと維持して行くのか??

    Antwerp事務所のように、いきなり閉鎖〜なんてことにならぬよう、祈りたいですね、、、(あってもなくても)あまり関係ないとも言えますけども・・・

     

    | ukitama | - | 15:55 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE