Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< ダイヤモンド今昔物語ーその5 | main | ダイヤモンド今昔物語ーその6 >>
海外市場 News
0

    今日は、海外のダイヤモンド関連のニュースを少し拾って見てみましょう。

    まずは、気になる香港。

     

    Sales of jewelry and other luxury items in Hong Kong slid in October, marking the second-highest monthly decline on record as protests in the municipality dented consumer sentiment.
     

    ジュエリーなどの贅沢品の売り上げは10月に大きく下落、史上2番目に大きな落ち込みとなった。

     


    Revenue from jewelry, watches, clocks and other valuable gifts fell 43% year on year to HKD 3.92 billion ($500.2 million) during the month, the municipality’s Census and Statistics Department reported Monday. Sales across all retail categories slipped 24% to HKD 30.12 billion ($3.85 billion).

     

    宝石や時計、贈答品の売り上げは年ベースで43%の下落、全ての小売りに関しては、24%の下落となった。

    The situation has led to a sharp drop in travelers from China and abroad, as well as weakened local purchasing. Tourism in Hong Kong was down 44% to 3.3 million visitors in October, the Hong Kong Tourism Board reported. Of those, 2.5 million came from mainland China, 46% fewer than the same period last year.

     

    デモとそれを弾圧する一連の騒動により、中国本土や海外からの旅行者が極端に減少し、地域の購買力を激しく低下させた。昨年比で、10月の旅行者数は44%減って330万人だった。中国本土からの旅行者は46%減少し、250万人だった。

    The government expects weakness in the market to continue as conditions persist, stressing that the market would likely not improve until the unrest subsided.

    香港政庁は、現在の情況が継続して市況の弱さが継続し、社会不安が収束するまで市場は良くならないだろうと予想している。


     

    続きまして、アメリカの市況〜

     

    US polished-diamond imports fell 24% to $1.48 billion in September, according to the latest data from the US Commerce Department. The decline reflected lower volumes and a drop in the average price. Polished imports fell 13% to $15.37 billion for the first nine months of the year.

     

    米国商務省の最新データによると、今年9月のアメリカの研磨済みダイヤモンド(ルースダイヤ)の輸入は24%下落して、148000万ドルだった。この低下は、量的なものと、平均単価の下落による。今年1月から9月までの期間に輸入されたルースダイヤは(前年比)13%下落して1537000万ドルであった。

     

    あれれ、それだけ?

    って感じですね〜

     

     

     

    そして、インド市場。

     

    Polished trading relatively quiet for this time of year.

    Manufacturing back to normal after Diwali as suppliers prepare for orders after US holidays. Inventory levels down, supporting prices of better-quality RapSpec A3+ goods. Large volume of lower-quality diamonds still available. Rough trading stable, with some hope for further price cuts.

     

    研磨済みダイヤモンド(ルースダイヤ)は、この時期としては非常に静かと言えるだろう。

    例年、ディワリ(ヒンズー教の新年祭)のあと通常に戻る生産は、アメリカの感謝祭の休日明けに備えて準備中である。

    在庫のレベルは下がり、より上質のRapSpec A3+商品の価格を維持している。

    比較的下の品質のダイヤモンドは、かなりの量をすぐに調達可能である。

    原石の取引は堅調であるが、まだ更なる値引きの望みもありそう。

     

     

    RapSpec A3+ という記述について

     

    Rapaport Price Listは、ラウンドブリリアントの実勢価格をいっそう反映させるべく新たな基準を設けたのですね。

    大きくA B C3ランクに分けられ、

    3EXの商品はAランクに該当します。

    Aランクの物は更にA1からA5に分けられ、同じ3EXであっても価格に大きな差が出ることになったという訳です。

    何故ならば、A1とされる物は、全てが完璧であることが条件なのです。

    例えば、

    Depth: 59.0~62.9%

    Table: 56~60%

    Fluorescence: None

    No Extra Facet or Natural for D-H, IF-VVS

    などなど、非常に厳しいチェックがされてのちにA1が与えられるということですから。

    A3になりますと、DepthTable%が若干ながら緩和され、FluorescenceFaint BlueならOKとされますが、ほとんどA1と変わらぬ厳しい条件と言えます。

     

     

    最後に、

    これは以前から日常的な光景とも言えますが、あまり数字等で報道されてこなかった世界〜

    中古品市場の話題です。

     

    Sales of secondhand luxury goods increased in 2019, presenting an opportunity for growth in the jewelry market, according to Bain & Company.

     

    ジュエリーマーケットが拡大することによって、2019年は中古の贅沢品の売り上げが増大した。

    Purchases of secondhand goods rose to EUR 26 billion ($28.67 billion) for the year, with previously owned watches and jewelry showing a strong performance, Bain noted last week in its global luxury report.  

     

    それらの購入額は、年間に260億ユーロにまで上昇した。

    “We see the secondhand market as a potential avenue for luxury brands to reach a new audience and enlarge their customer base,” said Federica Levato, a partner at Bain. “For many customers, this may be their first luxury purchase, but luxury brands shouldn’t see this as a threat, and should manage it strategically to grasp the full potential of this opportunity.”

     

    贅沢品中古市場は、高級ブランドを近い将来に購入する潜在的購買層の“通り”であるとみなされる。中古品購買客の多くは、それが初めての贅沢品購買であるに違いないのであるから、高級ブランドは(中古品購買)を脅威と見なすのではなくて、注意深くその実態を観察すべきなのである。

    When it comes to individual categories within the personal luxury sector, shoes and jewelry “stand out as the outperformers,” Bain explained. Luxury jewelry sales grew 9% overall to EUR 21 billion ($23.16 billion) in 2019, with a boost from high-end jewelry sales, primarily in Japan and China, and growth in men’s jewelry purchases. However, watch sales slipped 2% to EUR 39 billion ($43 billion) during the year, mostly due to the political situation in Hong Kong, one of the largest markets, Bain noted.
     

    贅沢品の個々のカテゴリーの中で、特に靴とジュエリーが目立つ。2019年、ジュエリーは9%の伸び、210億ユーロの販売を記録した。特に日本と中国でhigh-dend(最上位)のジュエリーが売れ、また男性用ジュエリーの購買が増えたことが大きな後押しとなった。一方で、香港情勢の影響で、時計の販売は2%低下した。

     

       ・・・・・・

     

    日本の贅沢品の中古市場が世界の中古品市場増大を後押し??!

    知らなかったですね〜

    ヤフオク等の1円スタートの中古品ジュエリーが飛ぶように売れている?!

    ってことなのでありましょうか?

    それとも、

    日本国内の企業が、取引の“場を提供”しているだけであって、実際に日本人が買って所有している部分は決して多くない?!

    数字に表れない真相を知りたいですね。

     

     

    | ukitama | - | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/951
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE