Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 比喩表現 | main | 八朔、2019 >>
とかく外国人との付き合いは・・
0

    今年は冷夏なのではと案じるほど涼しい日々で始まった7月なのに、、

    何のことはございませんな、梅雨明け発表の直前から酷暑のスタート!

    日中ちょっと外に出ただけで、脳みそまで燃え上がりそうですよ、

    ただでさえ貧弱な脳なのに。

    来週に巡り来る立秋あたりは、全く皮肉なことに暑さのピークではないかと思われますね。

     

    ところでこの7月は最初からもう、韓国が騒いでウルサイというか鬱陶しいというか、まあホント上から下まで賑やかなことで。

    『考え得る全ての行動を起こす用意がある』、なんてね、まるで開戦前夜、宣戦布告か、みたいな勇ましいことを言うだけの大統領がいるかと思えば、日本製品を壊したり焼いたりという不毛なことやってる民衆まで、日本に抗議のつもりなんだろうけど、屁の突っ張りにもなってないということ、彼らは分かってないのですな、可哀想に。大半の日本人の心境を率直に表現すれば、、『うんざり、勝手にやってろ、韓国や韓国人とはホント関わりたくない』、『ホンマどうでもええわ』・・・

    なんですけど〜

     

    国と国との約束を守らず、優遇措置を受けて輸入した物資を他国に密輸、果ては戦時下のような敵対行動まで、あらゆる無法を犯してまだ懲りずに『非は日本にある』と国を挙げての大合唱。こんなことが普通に罷り通るのだったら世の中終わる、お日様が西から昇るってもんじゃない、お天道様が消滅しまっせ。

     

    まあしかし、現在の韓国の騒ぎは滑稽極まりないですな、、

    『輸出規制するな!』と叫びながらの不買運動は大きな違和感、買いたいのか買いたくないのか、ハッキリしろと言いたくなるし、

    それ以上に、日本製品を壊すようなパフォーマンスするのだったら、アンタたちの使ってるサムソン製スマホね、その主要部分の何割かは日本製の部品と物資で出来上がっているのですけどね、壊さないのはどうしてと問いたくなるし、

    また、反日デモやってる人たちを熱心に撮影するテレビカメラはほとんどがソニー製。ユニクロ等の日本製品を取り扱っている店が韓国にはいっぱいあるし、そこに勤めている韓国人は多数。不買運動やって損するのは結局のところ韓国人でしょ。

     

    我々が若い頃にも韓国で日本製品不買運動が起こっていたけど、その時に標的になって焼かれていたのは専らマイルドセブンだったですな、当時の方がまだ彼らには多少の“良識”があったようです。韓国人はどんどん退歩して醜くなってゆくばかり。

     

    現在のような韓国人にしてしまったのには、もちろん日本人の責任も大きいですな、日本人と言うより日本の馬鹿な政治家・・・とりあえず謝っとけと、韓国に対して意味不明の謝罪を繰り返して現在に大きな禍根を残した宮澤喜一や河野洋平、村山富一。それに、『貴方は大統領、私は首相だから』と馬鹿な遜りして臣下の礼を取って金泳三をつけ上がらせた橋本龍太郎。彼らは日韓関係にとってホント不要な存在でしかなかったですな。彼らがいたからこそ日韓の現在の問題が発生したと言っても過言ではないでしょう。

     

    そういう意味からも、今回の日本政府の措置は今後の日韓関係にとって必要欠くべからざるもの、、日韓関係に未来があればの話ですけどね。

     

    それにしても、一般の韓国人は、何故に日本が今回の措置に至ったか、考えてもみないのですかね、非常に不可思議でございますな。何もなしでこんなことになる訳ないのにね。原因を少しでも推測すれば良いのに、先頭切って過激な不買運動やったり、暴力的に日本の領事館に侵入して抗議したりというのは大学生たち。日頃の反日教育の賜物とさぞや文大統領は喜んでいるだろうけど、様ざまな事実や世の中の多様性を学ぶべき若者たちが、外交や貿易の問題点の根本を綿密に検証することもなく、幼稚で短絡的で衝動的な行動をするということは、誠に悲しむべきことであり国の将来に大きな不安を残すことであると、どうして韓国の“大人”たちは憂慮しないのですかね。

    こんなことが続くのは亡国の予兆でしかないですよ、、、

    と、こんなところで一生懸命に言っていても、『もっともなご意見』と言ってくれる韓国人はおりませんな。

     

    恐らく文政権は自らの過ちを認めることなく、日本に相変わらず謝罪を求め続け、今回の措置の撤回を求め続け、日本人を一段とウンザリさせるような反日を続けて、政権が終焉を迎えるまで一連の馬鹿騒ぎを継続することでありましょう・・・

    そしてどうなる??

    文大統領の思惑通り行けば、韓国は北に吸収合併され、韓国民は北の人たちのように貧しい生活を送るようになる。

    そうなってしまって後に文大統領を支持していたことを大きく後悔しても遅いのにね。反日をやればやるほど政権の支持率が上がるという現象。救い難いですな。歴史ではメシは食えんというのが分からんのかなぁ〜。俺たちはもうどうでもよろしい、勝手にやってなさい。

     

    さて、ホンマに日本人というのはお人好しが多いですからね、外国人との関係において不要な問題を抱えることがしばしば。それに、とかく日本人は、外国人に甘いし、語学が苦手ですから、外国人に対して言いたいことの3分の1も言えてないのではないですかな。我らがダイヤモンドの世界も例外ではないけど、UKI氏は日頃どんな風に外国人たちと付き合っているか、、ちょうど良い機会ですので、ご覧いただきたいと思います・・・

     

     

    先週の土曜の夕刻でございました。

    休みなしとは言え、土曜の午後はやはりノンビリと過ごしているUKI氏、そんな折に海外から電話が掛かってきたら、やはり『あ〜、もう面倒な』となる気持ちは抑えられません。なかなか『ハイ!』と元気良くとは行きませんな、『ファい〜』という感じ。

    用件は、先日届いた商品について。まだ買うかどうか決めてないけど、ちょっと高い物、かなり高い物、メチャクチャ高い物、という構成でね、これは価格帯のことではなくて、相場から考えて高いという意味です、念のため。

    それで、まるで気合いが入らないし、あまり買う気になれない。メチャクチャ高い商品を例に挙げて、『お前なあ、仕入れ原価の3倍の値段付けて送って来るなよ』と文句を言ってやったのですね。

    もちろん、相手は大きく反発する。声もお互いに大きくなってくる。

    『とにかく信じれんわ!』と言ってやったら、

    いつもの調子で相手の弁解が始まったのでした〜

     

    『海外相場は高騰している、安い物はない、、云々、俺は毎日一生懸命に働き続けている、、云々、俺には体は二つない、、云々、、、』・・・

     

    これまで皆さん方、多くの方から“仏のUKI”と言われてきましたが、

    いくら“生き仏様”と言われましてもね、

    仏の顔も三度まで、なんていう諺がありますからね、

    何度も何度も同じことを聞かされて“耳タコ”や!

    ええ加減にせんかい!!

     となりまして、

    Don’t say stupid things!』と言ってやったのですね。

    Stupidの訳語は、「愚かな」「くだらん」「つまらん」とかってことでありましょうか、いずれにしても、かなりnegativeな英単語。

    仏のUKIとて、こんな単語使って強く言われたら相当怒るだろうと、容易に想像つきます、、

    でも、言ってしまった〜

    相手は当然怒る、また何やら叫んでいる・・・

    こうなってきますとね、相手が何を言ってるのかなんてお互いどうでも良い訳で、適当にがなり立てているだけ。しかし、ウッキーの場合、残念ながらボキャが不足。こうなったらも手段は一つしかない。

    ガシャーン!と受話器を叩きつけてFinish

     

    あ〜あ、って感じ。

    もちろん後悔しましたよ、これで取引終わるかも、とも考えましたしね、まあそれならそれで、そこまでの関係やった訳やらから、、しかし、ウッキーとは取引続けた方が相手にとってもメリットが多いと思うし、、etc・・・

     

    考えても仕方ない、

    とりあえず寝まして、翌日曜日、一昨日の朝のこと。

    メールを見ましたら、やはり来てる来てる、喧嘩相手から。

    以下が、その主要部分・・・

     

    Thank you for being so kind and helpful when I am just trying to get some prices information From you and , at which prices that you can sell the goods but instead of that you were just insulting me , which is completely disrespectful and besides you hang up the phone , what kind of behavior is this !! 

     

    ―大変ご親切にありがとう。俺は、うちの商品が売れるかどうかとか、お前から価格の情報を得ようとしているだけなのに、お前は俺を侮辱した上に、無礼極まりなく電話を切った。なんという行為だ!!

     

    I will not tolerate this and I think an apologie From your side will not be too much to ask .

    ―お前から謝罪がなくば、絶対に許さん!

     

    To make a long story short since you were complaining and shouting to me like I killed 10 people.

     

    ―かいつまんで言えば、お前は、あたかも俺が10人殺したように俺を怒鳴りつけ、文句を言った。

     

    How can I ask you 3 times the price From my cost and hoping that you can sell with a profit , I don’t believe in miracles !!

     

    ―仕入れ原価の3倍の価格を付けて、お前が利益を取って売れると期待していると言うのか、そんなの奇跡でも有り得ない(そんな値段付ける訳ないやろ)!!』

     

     

     

    どうですか、かなり激しいでしょ、笑うでしょ。

    こんなこと初めてではないですよ、しょっちゅうではないけどね。

    その度に、UKI氏は素直に謝ってきました、“英語で戦う”のは面倒やからね、語学はあまり得意じゃないし。

     

    しかし、今回は無性に腹が立ってね、

    日本人が外国人に気使っているという“和の心”、優しい気持ちも分からずに、好きなことばかり言いおってからに、なんていう気持ちもしっかりで・・・

     

    月曜の朝に送ったUKI氏の返信メール〜

     

    I’m sorry for hanging up the phone.

    ―急に電話切ってごめんなさい。

     

    I know well that you are working very hard every day, you don’t have two bodies, prices of the goods of overseas market are not cheap, etc.

    ―アンタが毎日ハードワークしていて、身体を二つ持ってなくて、海外市場の価格が安くないこと等等は、よく分かっている。

     

    I understand those things even if you do not say.

    I’m getting tired of hearing those stories.

    ―そんなことアンタが言わなくても理解しているし、もうそんな話は聞き飽きた。

     

    We Japanese don’t like those stories so much and Japanese businessmen do not respect the people who say those stories ‘persistently’.

    ―我々日本人は、そんな話は好きじゃないし、日本のビジネスマンはそんなことを‘くどくど、しつこく’言う奴をレスペクトしない。

     

    As for the prices, I’m sometimes feeling too much although 3 times of your cost prices is not right.

    Anyway, please be more careful to put the prices.

     ―価格に関しては、(原価の3倍は言い過ぎで)正しくないけど、わしは時々非常に高いと感じている。もう少し気を付けて値段を付けてくれ。』

     

    如何でございましょう、

    感情的にならず、端的で、分かりやすい!

    と、自画自賛!

     

    ・・・・・皆さんの信頼を得るべく、UKI氏も一生懸命やってまっせ。こんなバトルを繰り返しながら。

    どうかご理解を。

     

    そしてどうなった?

    バトルに関しては、以下の返事です。

     

    『Thanks for your mail , don’t worry about it.

     

    でございました、

    今日からまた具体的な商品のお話になっております。

    デメタシ、デメタシ

     

    相手が、どんな国の人であっても同じと考えます、ユダヤ人であろうが、中国人であろうが。

    外国人に対して、気を使い過ぎるのが一番アカンね。

    言うべき時にはしっかりと言わないと。

     

    皆さんから同意いただけることと思います。

     

     

     

     

     

     

    | ukitama | - | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/922
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE