Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< Argyle, July 2019 - 2 | main | Argyle, July 2019 - 4 >>
Argyle, July 2019 - 3
0

    Kimberley Fine Diamonds is based in Kununrra and has featured Argyle diamonds in its shops since opening in 1991.

     

    Owner Frauke Bolten-Boshammer said she saw the potential in the pink diamonds from the beginning and has a ring featuring two small specimens valued at A$10,000 10 years ago that recently hit A$50,000.

     

    ―Kununrraを拠点とするKimberley Fine Diamonds社は、1991年のオープン以来、Argyle産のダイヤモンドを販売している。

    オーナーのFrauke Bolten-Boshammer氏は、最初からピンクダイヤの大いなる可能性を見ていたと言う。彼女は、10年前に10,000オーストラリアドルと評価された小さなピンクダイヤのサンプル・リングを保有しているが、それは最近、50,000オーストラリアドルの値を付けた。

     

    "[After the mine closes] the value maybe won't skyrocket but they will go up and up," she said.

     

    ―Argyle鉱山の閉鎖の後、ピンクダイヤの価値は、打ち上げ花火のようにとは行かないかもしれないが、

    『Go up and up』と彼女は言った。

     

     

    DIAMONDS NOT BRIGHT IN OZ

    (オーストラリアでは、ダイヤモンドは明るくない)

     

    The possibility of a new Argyle in Australia is unlikely.

     

    Soirat said there was lots of activity in Canada, but they were not exploring in Australia and hadn't found any acquisition opportunities.

     

    ―オーストラリアでの新しいArgyleの可能性は低い。Soirat氏は、カナダでは多くの活発な動きがあったが、オーストラリアでは調査しておらず、また、利権獲得の機会もなかったと述べた。

     

    "No exploration in Australia, not for diamonds. Our team doesn't think it's the highest priority," he said.

     

    オーストラリアでのダイヤモンドの探査はないし、我々のチームはそれが最優先とは考えてはいないと彼は言う。

     

    "We are always looking actively all over the world but ultimately the rationale in diamonds is exactly the same as any other commodity, it's value over volume so if you're thinking in terms of potential mergers and acquisitions, ultimately Rio Tinto [will explore that] if it will create value for the shareholders."

     

    ―我々は世界中で積極的に活動を行っているが、結局、ダイヤモンドの理論的解釈は他の商品と全く同じだ。量を上回る価値だ、もし貴方が将来的に大きな可能性を秘めた企業の吸収や買収に関して考えているならば。

    究極的にRio Tintoということになれば、それは株主の利益を創造できるという意味である。

     

    Rio Tinto isn't afraid of divestment, as it demonstrated last year by offloading its coal arm, but diamonds look to have some staying power.

     

    ―Rio Tintoは昨年、石炭部門の負担を軽減したことから、投資の引き上げを恐れてはいない。ダイヤモンドにはある程度の持続力があるようだ。

     

    Soirat said while diamonds weren't a big part of the company's portfolio it was very profitable and mining techniques were similar to copper, which allowed them to experiment.

    "If you think value over volume it's a big tick," he said.

     

    ―『ダイヤモンドは、Rio Tinto社のポートフォリオの大きな部分ではないが、非常に収益性が高く、掘削技術が銅に似ていたため、実験が可能であったのだ。量よりも価値が大きいと考えるなら、それは大きなチェックポイントである。』とSoirat氏は語った。

     

      ― 続く ―

     

     

     

     

     

    | ukitama | - | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/918
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE