Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 良い子主義!? | main | We are NAGOYAN !? >>
なでしこ
0

    “なでしこ(撫子)”と言えば、もう何年も前からサッカー女子日本代表のことと決まっているようで、ちょうど今、サッカー女子World Cup開催中ということもあって、PCで“撫子”と検索すると、上位にヒットするのはサッカーの話題ばかり。もちろんウッキーとて、“なでしこJapan”の前々回の優勝、前回の準優勝に大いに感動して、今は往時よりもかなり弱体化したからと言って彼女たちを軽んじるつもりは毛頭ありませんけども、美しいPinkダイヤを見て、『撫子色や!』と叫びたくなっている時にサッカーが出てまいりますと思わず『イラッ!!』と来ることは皆さんにも良くご理解いただけると思います・・・・

     

    “なでしこ”〜学名『Dianthus』、

    Dianthusは、ギリシャ語の『Dios(ギリシャ神話の神、ジュピター)と、

    anthos(花)』が語源。

    “ジュピターの花”という意味です。

    ピンクという色の語源でもあるそうですな。

     

    さ〜て、

    もうこれぞ“撫子”の中の“なでしこ”、

    Super Dianthusと言えそうなピンクダイヤがやってまいりました!

     

    1.012 carat Fancy Purple Pink SI1

     

     

    このページをご覧になっていただいている皆さんなら十分にご認識のことと思いますが、1カラット超のFancyクラスから上のピンクダイヤで、インクルージョンが少なく、色性質良く、石性質優れた商品は、ネット上で見ることは稀。もし見る機会があったとしたら、もうとんでもない価格です。

     

    Argyleがほぼ閉山状態となった今、新しく産出される優れた1crt以上のピンクダイヤは、海外のダイヤモンド業者の金庫の奥深く仕舞いこまれて長く熟成されることになるか、国際的なオークションに掛けられ、とんでもない価格が付く超ド級のものばかり。もう現物は我々の目に触れることがない、と思っておりました。

     

    現在、この美しいPinkダイヤの現物が当店の金庫にあるということ、これはとてつもない僥倖と言えるのではないかと思います。

     

    ご覧のような色性質、Lovelyを超える愛らしさ、えもいわれぬ気品、1カラット超の物としては奇跡とも言えそうなSuper Clearな生地など等、全てにわたって、今こうして目の前に‘現品’を置いて眺めていることが信じ難い“光景”。

     

    この商品、一両日中にもHPに《超特価》で出品されます。

    どなたとご縁があるのか、楽しみにしております。

     

     

        酔うて寝むなでしこ咲ける石の上 ― 芭蕉

     

    1crtの撫子となら、酔って寝て素晴らしい夢が見られることは間違いなさそうですね。

     

     

     

     

     

    | ukitama | - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/907
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE