Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 五彩 | main | 麦秋 >>
炉端焼〜
0

    トランプ大統領が来日。

    昨日は大相撲観戦の後に安倍首相と会食、

    そして今日は朝から皇居で天皇陛下と会見ということで、ちょっとした“政治ショー”。日頃あまり皇居の中は見られないですからね、やはり興味津々、ついつい‘覗き見’してしまいますね。

     

    しかし、昨夜の安倍首相との会食が“炉端焼き”と聞いておりましたので、

    『ほ〜、ええやないかいな、まずはビールで乾杯、そして冷奴、シシャモにアスパラのベーコン巻、ジャガバタに青唐、ホタテの浜焼き、つくね、シイタケ、水茄子の漬物〜〜うーんタマラン』

    なんてね、一人悦に入っておりましたら、、

    オッサンたちが食っていた炉端メニューはジャガバタだけ、

    和牛のステーキにサラダ、若鳥の照り焼き、最後はアイスクリーム!?

     

    おいおい、ふざけんなよ、

    どのへんが炉端じゃ!

    焼いて食べてるのが炉辺というだけやないかいな、ええかげんにせい!!

    ってね、朝から家内相手に文句を言っていたウッキーでございます。

    聞けば、その店は六本木の『高級店』らしいけども、

    そもそも“炉端焼き文化”は関西発祥で、庶民的でSuper Reasonableなもの、1人1万円以上もする高級店を『炉端』とは言わんのです、

    東京の人たち、わかってないなあ〜

    まあ、我々が二十歳くらいの時、東京に行っても炉端焼きの店なんて皆無やったしね、まだまだ文化的に浸透してないのかもしれないし、変な方向に進化してしまったのかな。

     

    ・・・と言いつつも、、“変なトランプ効果”とも言うべきか、

    ホンマの関西の炉端焼きの店に久しぶりに行きたくなったウッキーでございました・・煙がもうもうと立ち込めるキツイ匂いの中で安酒飲んで枝豆なんぞをつまむのは最高ですな。

     

    それにしましても、いきなり真夏がやってきてシンドイですな、

    北海道が40℃近い気温になるなんて、まだ夏の入り口というのに、早くも異常気象ですか、いかんですなあ。このままゆきますと、この夏の“異常気象度”は一体どんなものになるのか、ホント戦々兢々!

    まだ梅雨も来てないというのに、何か暗澹たる気分!?

     

    でもね、そんなこと言ってても自然には敵いません、人は黙って耐え忍ぶだけ〜・・・酷暑の夏も何か楽しみを見つけまして、と、、、

    スケベ!と言われるのを承知で、、

    暑くなって何が楽しみってね、女性の胸元の開き具合くらいワクワクするものはございませんな〜諸兄。アカンアカンと思いつつ、視線が釘付けになることも! いえいえ、ウッキーはスケベなだけではありませんよ〜しっかりと女性のファッションにチェックいれているのでございます・・・胸元の開き具合をよりいっそう魅力的にするジュエリーを身に着けているか、もう気になって気になって!

     

    真面目な話、以前からずっと『ちょっとなぁ』と思っているのが、NHK女子アナの首回り。『キミは合格!』と言える者を未だかつて見たことがない。ウッキーが彼女たちを見ているのは大抵BS1、野球中継の始まる前とか5回終了時の3分から10分の間のニュースの時だけと言っても良いのだけども、ほとんど毎週、『何かつけろ!』と叫んでおりますよ。せっかく綺麗で清潔な格好して髪の毛も整えて化粧もしているのに、首回りは無防備かって、ね。センスの悪い物でも安モンでもええから、何かつけてくるのが大人の女性の最低限のマナーでしょうが。

     

    ジュエリーの場合、ジュエリーを『付ける』のではなく、

    『ジュエリーを着ける』と表現する方が適切ではないかと思っております、そう、服を着るのと同様ですな。

    ですから、ジュエリーなし、真夏の襟元が開いている折りにネックレスも着けてないのは、服をちゃんと着てないのと同義、と考えます。

    高い給料もらっていることで有名なNHK女子アナが、2万や3万のネックレスくらい買えよ!ってね、真剣に腹立ってくる!!

     

    ところで、先日、この逆のケースをお客さんから聞いて唖然といたしました・・・

     

    航空会社にお勤めの(多分若い)女性なんですけども、

    当店から過去に買ってくださったダイヤを留めてマリッジRingにしたいと、

    そしてそれは可能ならエタニティー風にしたい、

    ということでありましたから、『良いことですね』と大いにお薦めしていたのですが、何日か経って、

    『(仕事中にその指輪をしていたら)社内規定に引っ掛かるのではないかと懸念される』と、おっしゃるので、

    『(長いこと宝石屋やってますけども)我々が日常に取り扱っているジュエリーが社内規定に引っ掛かった、なんていう話は聞いたことがありません。引っ掛かるのは、芸能人がつけるようなド派手な物ですよ』と言ったのですが、

    な、な、なんと、

    『あるスタッフのエタニティーRingに搭乗客からクレームが来た、ということを聞いたので、この件はやはり再考させてください』と。

     

    何と馬鹿な話があったものですな。

    憤慨です。

    これは一種のパワハラですよ。

    客だったら何を言っても良いのか、自分が気に喰わんなら何でもクレームか。

    ホント酷い話ですな。

    その会社も会社ですな。

    ウッキーのお客さんやクレーム付けられた女性が客室乗務員なのか地上職員なのか、それは分からないけど、どっちだって同じだ、客から言われたら何でも『はい、申し訳けございません、改めさせます』と頭下げるのか!女子社員が結婚してエタニティーのマリッジリング着けて仕事することでモチベーションが上がる、結構なことやないですか。どうしてそれが分からないのでありましょう。

    平成初期から、どうもこの種の馬鹿げた潮流が目につく鼻に付く。そうしてつまるところ、どんどん色彩の乏しい世界になっていっているような気がするのです。昭和の時代には少なくともこんなバカげた話は皆無でした。平成になって社会全体が変な風潮に毒されて、このような下らぬクレームが“はびこり”、真面目に働く社員が全く詰まらぬことに気を使わないといけなくなり、労働の効率を落し、それはまた景気の腰を折るひとつの要因となった、というように思いますね。

     

    家内にこの話をしたらウッキー以上に怒りを爆発させておりましたよ、『おいおい、お前がそこまで怒るな』とウッキーがなだめるほどに。

    女性の皆さん、

    この種のことが皆さんの身近で起こったら、どうかホンマに怒りを爆発させてください。こんなアホなことを許してはいけません。女性が常識的な範囲内でお洒落するのは見ている方からしても気持ちの良いことであり、身だしなみに気を使ってある程度お洒落するのはある意味で必須のこと、当然のことです。万が一にでも馬鹿な社内規定があるんだったら、どうかご一報を。ウッキーがいつでも助っ人で殴り込みに行きますから。

     

    さてまあ、そんなことを言っているのも大して有益じゃない。

    ・・・というところで?!

    久しぶりに、禁断の??ジュエリー画像をご覧いただきましょうか。

     

    もう10年以上も前のジュエリー雑誌を開きましたら、

    まだまだカラーダイヤが日本にたくさんでもないけど、そこそこ入ってきている頃だったのですな、カラーダイヤのジュエリーも豊富でした。

    意外なことに、デザインも古くない!

    いえ、カラーダイヤと言えども、ジュエリーのデザインは、そんなに大きく変わるものではないですね。そして、いつになっても、このようなデザインの方が美しく感じるのでありましょう。

     

     

     

    最後にまた漱石の『草枕』から・・・

     

    「・・・芸術家は無数の琳琅を見、無上の宝璐を知る。俗にこれを名(つ)けて美化と云う。その実は美化でも何でもない。燦爛たる彩光は、丙呼として昔から現象世界に実在している。ただ一翳眼に在って空花乱墜するがゆえに俗累の羇絏牢(きせつろう)として絶ちがたきが故に、栄辱得喪のわれに逼る事、念々切が故に、ターナーが汽車を写すまでは汽車の美を解せず、応挙が幽霊を描くまでは幽霊の美を知らずに打ち過ぎるのである・・・」

     

    もう難解極まる文章ですな、“語注”がないとサッパリわかりまへーーん、

    ―芸術家は、無数の美しい珠玉を見知り、世間ではこれを美化と言う。実際は美化ではなく、絢爛な彩りを持つ美しい物は現世に存在している。凡庸なる人は、目が曇り煩悩にとらわれ、俗世間の煩わしさに身を縛られ、名誉を高めたり恥辱を受けたり、成功したり失敗したりというような世の中の関心事が切であるがゆえに、ターナー(英国の風景画家)が汽車を描くまでその美が分からず、円山応挙が(足のない)幽霊を描き始めるまでその美を知らずに来た―

     

    俗世の煩わしいことに縛られている皆さん、

    どうか、美しいカラーダイヤを“うち過ぎる”ことなく、ご認識あれ。

     

     

     

     

     

    | ukitama | - | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/901
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE