Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 御朱印 | main | 炉端焼〜 >>
五彩
0

    『令和』の出典が万葉集ということで、やはり気になると言いますか、

    週に23度と万葉集の解説書なぞを手に取って見ております。

    今朝もまた何気に開いた箇所に次のような名歌がございました〜

     

      春の日に 張れる柳を 取り持ちて

              見れば都(みやこ)の 大路思ほゆ

                ― 大伴家持 ―

     

    当時の奈良の都のメインストリートには柳が植えられていたのですね。遠く、越前に赴任していた大伴家持が、奈良の都を恋しく思って歌ったもの。

     

    リービ英雄は『英語でよむ万葉集』の中で、この歌を下記のように英訳しております。

     

       As I break off and admire

     a branch of the willow

     swelling large on a spring day,

     my mind turns

       to the broad avenues of the captal.

     

    英訳を読んで、万葉秀歌の普遍性と言いましょうか、恐らく、全ての言語に通ずる、通用するであろうNaturalな格調の高さがあることに驚きを禁じ得ませんね。

    張れる柳は即ち都(みやこ)の大路であり、

    willow swelling large the broad avenues of the capitalと見事にシンクロいたします。

     

    最初、大伴家持の歌の直ぐ後に現代語訳を書いてみたのですが、それがあまりに貧弱で、付けることによってオリジナルの歌の良さを阻害してしまっているということに気が付きました。それほどに、オリジナルはVisualで、分かりやすい、、家持が“張れる柳”のひと枝を持っているのが何となく見えるようでもあり、それからどんどんと想像が拡がって、往時の都大路の、国際色にあふれ、色彩豊かな光景まで目の前に展開される、、、そんな気にもなってまいりますね。

    これこそが、普遍的な“美”、時空を超え存在する美しさ。

     

    さて、ダイヤモンドの美しさが普遍的なものであることは間違いないのでありましょうか?

     

    皆さんはどうお考えですか?

     

    Yesであり、Noでもある・・・・

     

    まず、ダイヤは磨かれてないと、石ころか出来損ないのガラスの塊のようであるという点。

    Cut & Polishなくしては厳密にはダイヤモンドとは言えないのでは、、このように考える人も多いでしょうね。

    それに、インクルージョンという問題もある、キズだらけでも美しいのか?!

    そうですね、こういうことを考え出すと本当にキリがない訳で、万葉秀歌とはまた別に存在する“秀歌でない歌”もまた多いように、多数の支持を得られないダイヤモンドもまた多数存在するという事実があります。

    しかし、我々は、そういった物を相手にしてないケースが圧倒的、ある程度、ジュエリー加工して“見栄え”する、“鑑賞”に堪えられるダイヤモンドの話をしている訳です。そのような“常識的”な範囲のダイヤモンドに絞ったら、皆さんは、上記の問いには何とお答えになるのでしょうか?

     

    『ダイヤモンドの美しさは普遍的なもの?』

     

    漱石の『草枕』に次のような一文があります。

    「着想を紙に落とさぬとも璆鏘(きゅうそう)の音は胸裏に起こる。丹青は画架に向かって塗抹(とまつ)せんでも五彩の絢爛は自らの心眼に映る。」

     

    なんとも難解な日本語です。

    璆鏘とは、玉や金属が美しく鳴り響くこと。

    丹青は、絵画のことですね。

    「草枕」は、当時の自然主義小説とは全く別の世界、“ただ美しい感じが読者の頭に残りさえすれば良い”という観点で書かれたそうですな・・・

    「住みにくい世から住みにくい煩いを引き抜いて、難有い(ありがたい)世界をまのあたりに写」すことで、「あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊い(たっとい)」・・・

     

    『あらゆる芸術の士』を『美しいカラーダイヤ』と置き換えますと、

    何か本当に美しいカラーダイヤが見えてくる気がいたしますね。

     

     

     

     

    | ukitama | - | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/900
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE