Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 大晦日 | main | 小正月 >>
今年もよろしくお願いします!
0

    皆様、本年もどうかよろしくお願いします。

     

    さあ、2019年のスタート、

    ボーっと生きているうちに、既に1週間経ってしまいましたが。

     

    今日は何の日?

    ご存知ですかな。

    七草は昨日だったし、小寒は一昨日だし、、、

    いえ、そのような毎年巡り来る日ではありません。

    『平成最後』という言葉を毎日毎日聞かされて、いささかウンザリですね。今日という日も、まあその類とも言えるかも?!

     

    今日は、、平成が始まってから“ちょうど30年”の日、

     

    “平成30周年記念日”

     

    30年前、昭和しか知らなかった我々にとって、昭和天皇の崩御と新元号発表は、かなり衝撃的な出来事でございました。

    “あの時のこと”をよく覚えておられる方も多いかと思います・・・

    当時の官房長官、小渕恵三(後の首相)が掲げた『平成』と書かれたボード、非常に新鮮な景色として残っておりますね。

     

    えっ!? 

    あれからもう30年?!

    ホント馬齢を重ねている、、、あの時に15歳くらいだったら、もっとマシな人生を歩んでいた、、、ってことはなさそうですけども、何かUKI世代は損しているという気がするのですよね〜大して働かないくせにやたら自己主張が大きく気まぐれな団塊の世代を上司に持って常に前線での戦いを強いられていた〜、、弾を撃つのも弾薬や食料を補給するのも全部自分でやれ―みたいな、とんでもないことを毎日のように言われ続け、ついでに失敗の責任も全部負わされて〜・・言うことおまへんな。奴ら、団塊の世代のオッサンたちは、後方の安全なところで何をしていたかと言うと、会社の経費を好き勝手に使って飲食とゴルフ。その上に、働きに全く応じてない分不相応の多額の給料取ってね、世の中の何が不公平って、あれほど不公平な時代はなかったですな。

    そう思いませんか、ご同輩。

    ・・・まあ、いいか〜・・まがりなりにも普通に生きているのだから。

     

    気を取り直して、、

    30年で何が変わったか?

    数えきれないくらいありますけども、、

    今朝の産経新聞のコラムに述べられておりました来日外国人観光客数ね、

    これは衝撃的を超える驚愕ですな、当時はたったの290万人。

     

    昨年は3,000万超!!隔世の観があります。

     

    ダイヤモンドの世界においてはどうだったのか?

    平成元年の“業界”は、『4兆円産業』なんて言われておりました、バブルの真っ盛り。

    昭和の終わりごろ、“業界”は僅か7,000億産業だったのですよ、当時の三越の年商がちょうどそれくらいでね、業界内では『えー、たったそれだけ〜』みたいな“ガッカリ状態”だったですが、それがわずか3年ほどの間に倍近くに!!

    そして・・・・・30年経って元に戻りました、、がっくり。

     

    平成元年は、UKI氏がダイヤモンドバイヤーとして一番多忙な時でね、海外買い付けとなりますと約3週間、大阪→Bombay(Mumbai) Antwerp Tel Aviv やっと帰国〜というような一年で、年間の約半分は海外生活だったような印象です。平成元年の81日に娘が生まれましたが、帰国したのがその3日ほど前で、821日にはもうAntwerpで仕事しておりました〜・・・

    その娘が、このお正月に、ピチピチのエネルギッシュな若者、将来の“婿殿”を家に連れてきてくれました〜・・・これを書きたかったのか!?!

     

    全くどうでも良いことながら、

    女の子というのは変に‘たくましい’と言いましょうか、UKI家の上の子、長男が小さい頃ももちろん海外出張によく出ておりまして、昭和の終わり頃でして、当時はBombayに行くことが多くてね、数日で帰国するのですけども、自宅に戻って抱っこする度に激しく泣くわけですよ、知らないオジサン扱い〜・・そしてまた出張となって出てゆく時には『また来てね!』ですからね、もう出張に力が入らない〜。娘が小さい時の方が圧倒的に海外出張多かったのに、そういうことは一度もありませんでした、、あまり関心を持ってもらえなかった、どうでも良い存在!?

     

    閑話休題、

    平成の最初の方は、ダイヤモンドバイヤーのほとんどは“オールラウンダー”だったですな、ほぼ全てのアイテムを買い付けしておりました、もちろん得手不得手はあったけどね。でもまあ、その当時からカラーダイヤやってるという者はいなかったでしょう、カラーダイヤは1995年(平成67年)くらいからですからね、海外で頻繁に見られることが出来るようになったのは。

    平成元年かどうかは覚えておりませんが、その頃、部下の一人が海外でピンクダイヤを一つ買ってまいりました、市場調査、トライアルということで。凄く濃い色で、『何これ?!』っていう感じ。やたらインクルージョンが多くてね、多分I2だったと思います、カラーグレードを付ければ恐らくFancy Vivid Purple Pinkだったのではないかと。何故かと言うと、それを見た女子社員のひとりが、

    『へぇ〜、これがPinkダイヤ。赤紫にしか見えへんけど』、

    と言ったのを今でも鮮明に記憶しております。ウッキーは、紫か赤か、はたまたPinkかと言うよりも、『色は濃いけど綺麗とは思わんなぁ』と感じた記憶だけ。その後のことは何も印象に残ってないですから、部下のトライアルは失敗に帰したようで。

    ウッキー自らカラーダイヤを買い付けして大失敗したり成功したり、というのはもっと後のことになります。

     

    平成元年の買い付けを思い起こす時、どうしても避けられないのが宇野元総理。

    宇野氏は、平成元年に、竹下内閣がリクルート事件だったですかな?退陣した後に、誰も成り手がなくて『宇野しかおらんなあ』という感じで総理になったものの、女性スキャンダルでボコボコにされて、わずか70日ほどでお辞めになった方、、退陣の折りに発した『明鏡止水』という言葉が、平成初期の頃の流行語になりました、、それだけで終わっていたら良かったのに〜・・・

    当時、買い付けに行く度に、ユダヤ人たちから『ゲイシャ、ゲイシャ、ワンダフル〜』なんてね、言われ通しで、もうホンマにムカつくなと。『ダイヤ撒くぞ!』とかって思ったものでした。

    どうしてそんなに宇野のスキャンダルが海外でも有名になったのか?

    いえ、これは反対でしてね、

    海外発のスキャンダル暴露、なんですな。

    宇野は、昭和の終わり頃に外相をやっていたのですが、その時にアラブ諸国を訪問してアラブ寄りの発言に終始し、イスラエルをかなり刺激してしまった〜アホな奴。今はもうこんな“世間知らず”の外相はおりませんけども、そのようなタブー、我々バイヤー風情でも知っておりましたよ、世界のマスコミを握っているのはユダヤ人だってことを。

    結果、“我々バイヤー風情”が、ユダヤ人たちから一番イジられ、割を食った?!

     

    今から考えると、ホントどうして?

    と思うのが、GIA付きの商品を仕入れるのにわざわざNew Yorkまで行っていたこと。平成の45年まで続いておりましたね、もちろん色んな事情があったに違いないけど、バイヤーにしてみれば、NYに行くことによって『仕事してる気分』に浸れるのが良かったのではないかと、回想して感じます・・・・高層ビルの30階とか40階とかから見るマンハッタンの景色は最高だったなぁ〜・・ってね、そこかよ!!

     

    ・・・くだらん話、キリがない!

     

    もういいでしょう、『平成最後』は。

    これからの30年が大事。

     

    30年前と、今、

    ひとつの時代が去って、新しい時代へという節目、ということでは同じながら、

    何か全く別の雰囲気ですね。

    30年前は、いきなり昭和が懐かしくなって、レトロなものも色々と登場しましたが、それは新しい時代が相当に華やかなものであったからではないかという気がしております、、、今はまだ平成が終わってないけども、何となく“そんな感じ”とは言い難いですね。

     

    新しい時代が、華やかとは言えないものであっても、何かFantasticな彩り、格調の高い色あいを感じさせるものでありますこと、祈りたいですね。

     

     

     

     

    | ukitama | - | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/873
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE