Uki Dialy

「カラーダイヤモンド専門店 コズミック」店主によるカラーダイヤモンドブログ
<< 水無月 | main | Fancy Yellow Green >>
紅娘
0

    六月六日は二十四節気『芒種』、

    稲などの穀物の“種まき時”という意味なんですね。

    現代では一歩進んで、種まきと言うよりも田植えのシーズン、

    そして、稲田の横にある麦畑は収穫の“秋(とき)”。

    『芒種』の15日後は、『夏至』ですね。

     

     

    「名文」の続きです。

     

    節子・クロソフスカ・ド・ローラ 『見る美 聞く美 思う美』より

     

    ―西洋には、説明する美しさがあり、日本語には説明しないところに美しさがあります。

    国土が生んだ感受性なのです。日本語では漢字それぞれ自体が本来持っている意味に、日本古来の和語を組み合わせて趣意を加える妙味があります。

    細石(さざれいし)、紅娘(てんとうむし)、雪洞(ぼんぼり)など、漢字の厳粛な作りと柔和な日本語音の組み合わせは、説明しない部分を形象化させ、補う文章を生み出しているのです―

     

    さざれいし、てんとうむし、ぼんぼり、

    それぞれの漢字を書け、

    と言われて全て書ける人は少ないのではないでしょうか。

    ウッキーは悲しいことに“0点”です。

    細石と雪洞は読めるけどね、紅の娘と書いて‘てんとうむし’は知らなかったなぁ〜こんなお洒落な漢字の名前が付いていたとはね。

    それぞれを、“さいせき”、“こうじょう”、“せつどう”と音読みしてしまうと全く美しくないというか、風情がありませんな。

    漱石の『虞美人草』は、漢字が多いけども漢語は少ないですな。川端康成の『古都』は、漢字も熟語も少ないです。このあたりがやはり“美文”の条件なんですね。

     

    ところで、Fancy Vivid PinkFancy Intense Pinkの美しさを“鮮烈(せんれつ)”とか“豊麗(ほうれい)”と表現するのと、“あでやか”や“きらびやか”と言うのと、どちらが‘格上’に聞こえますか?

    まあこれは、色味の感じ方と同じで人それぞれなんでありましょうね。

    しかし、漢語的表現の方がよりストレートに感じますね、“鮮烈”と言われた瞬間からsharpな勢いある強くインパクトのある発色が想像されますし、“豊麗”という漢字からは誠に艶のある色香が漂ってきます。

    一方、“あでやか”“きらびやか”から受ける印象は、よりマイルドでありながら、奥深く情緒ある美しさであり、徐々にその魅力が強くなり色艶(いろつや)が増してゆく感じ。まさに‘説明しない美しさ’が沁み通ってくる感じですよね。

    実際、ハイレベルのPinkダイヤを見ておりますと、

    漢語的魅力の物と、和語的美の物、ふた通りあるという気がいたします。

    それらふた通りの魅力を、それぞれしっかりと『識別』して魅力をお伝えできているのか?

    この点が為されるならば、もっと皆さんにカラーダイヤの魅力を正確にご理解いただけるのだろうと思っております。

     

     

    「名文」シリーズ、最後はこれ。

     

    浅田次郎 『絶対幸福主義』より

     

    ―幸福論を語るときに、お金を否定する人たちがいます。幸福はお金なんかじゃない。お金で幸せは買えないと。私はそれは違うと思う。幸福は金で買えると明言しています。ただし、ブランド品が買えるとか、海外旅行に行けるとか、そういうことではない。金があれば、お米が買えるということです。

    私は売れない時代に、どん底の貧乏も経験している。米が買えないことが、どれほど不幸なことかも知っています。だからこそ言えることなのです。

    お金なんかなくても幸せになれると言う人たちは、本当の貧乏を経験したことのない人です。もちろん貧乏など経験しないに越したことはないでしょうが。

    貧乏は人の心を歪めます。正しいものの考え方ができなくなる。これだけは事実です。そしてそれは、決して幸福な姿ではありません。何も不必要に金に執着することはない。ただ、心を歪めないだけのお金は必要なのです。大きな意味で貧乏は、やはり罪なことだと私は思っています。

    人間らしい生活ができるだけのお金があって、心と時間にも余裕がある。そこで初めて、人は幸福の確認作業ができるです―

     

    『カラーダイヤのない生活は人の心を歪めます。カラーダイヤなしでは正しいものの考え方ができなくなる。これだけは事実です。』

    なんてね、言うてみたい!

     

    このページをお読みくださっている極めてヒマ人の皆さんがお金に困っているはずはありません。これだけはハッキリとしております。

    読者の皆さんが幸せかどうか、そんなことウッキーは知ったことではありません。しかし、かなり高い確率で幸せなんだろうと確信しております、何故か―

    カラーダイヤっていうのは、幸せな人しか綺麗に見えないのですよ。

    カラーダイヤのある生活、

    これは究極の人間らしい生活だと思っております。

     

    だったら・・・・

     

    このようなPinkハートを持てば、幸せも最高潮!

     

     

     

     

     

     

    | ukitama | - | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog2.colordiamond.co.jp/trackback/826
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE